授かり婚 ウエディング 挙式

授かり婚ウエディング

授かり婚では無理のない挙式を

授かり婚では無理のない挙式を

 

授かり婚の挙式は、事前にお腹に赤ちゃんがいることを前提に行います。
最近では、マタニティプランとして、どのような会場ジャンルでもドレス選びでも、妊婦に対応していますから安心です。
妊娠しているときには、どの時期にも疲れさせないことが基本です。
プランナーとの打ち合わせ、衣装合わせ、企画準備などは体調をみながら行うことです。
元気な方であったとしても、無理は禁物です。

 

余談ですが、妊娠中にいろいろ無理をすると、それが高齢になったから影響がでます。
若い時は元気だったのに、年だからと言うのはよくあることですが、妊婦の時の無理が影響しています。

 

挙式準備くらいでと思うかもしれませんが、実際にやってみると何かと大変です。
身体的なことだけではなく、精神的や時間的にもいろいろと苦労が多いです。
特にお仕事をされていたり、その方忙しい方の場合、何も100点満点で行わない方が良いでしょう。
とはいっても、手を抜けというのではなく、今の体で最良にできること、ウェディングプランナーなどに依頼できることは依頼をしてしまうなどの甘えも必要です。

 

ウェディングプランナーの話では、授かり婚だからできないと言われるのが辛い、お手伝いができることがあればなんでも言ってほしい、誰もが満足できる結婚式にしたいから、と言われる方が多いです。
結婚式場スタッフ全員が、授かり婚であることで、より慎重に良い物を作ってくれる努力をしてくれます。
それに甘えてしまうというのもありではないでしょうか?

授かり婚ウエディング