授かり婚 ウエディング 妊娠

授かり婚ウエディング

妊娠とリスク 安定期の結婚式が理想

妊娠とリスク 安定期の結婚式が理想

 

妊娠している状態での結婚式を最近では授かり婚とも言います。
順番が少し違うと感じられる方もいますが、2人が良ければ良いことでしょう。
温かく見守ってあげることにしましょう。

 

結婚式そのもののパフォーマンスは、体を激しく動かすこともないのですが、緊張感は半端ないでしょう。
新婦にとっては、夢のような一日になり、着せ替え人形のようにお色直しも数回あります。
妊娠をしているのだから、そんな事はしなくても良いということは全くなく、結婚式場のサポートを受けることで、妊娠していても万全な結婚式はできます。

 

どんな時期の授かり婚も良いか?というと、妊娠初期と臨月の結婚式は断られることが多いです。
初期は体調が不安定ですし、臨月はお腹も目立っているばかりではなく、この月の出産はいつ起きても良いというくらい生まれる確率が高いのです。
ですから、結婚式の途中で出産してしまうこともあるのです。
安定期の結婚式が理想で、妊娠5ヶ月から7ヶ月の間で予定を立てましょう。

 

しかし、ここからは起きてほしくないことですが、一応妊娠事態は病気ではありませんが、どんなことが起こるかわかりません。
妊婦そのものもコントロールできない毎日ですが、もし授かり婚を予定していたとしても、妊婦の体調が悪いときには、キャンセルする勇気も持ちましょう。
苦しいけれど頑張った、あのウェディングドレスを着たかったといっても、その後体調不良が続くようでしたら、決して幸せな結婚式だと言えないのです。

 

あってはならないことですが、絶対にないと言えないトラブルは、妊娠にはつきものです。

授かり婚ウエディング