授かり婚 ウエディング

授かり婚ウエディング

挨拶ばかりの授かり婚?

挨拶ばかりの授かり婚?

授かり婚に関しては、挨拶に始まって挨拶に終わると言っても良いでしょう。
最初は、女性の親に対して、男性が頭を下げることです。
これは絶対に順番を守りましょう。
まずは、お義父さんお義母さんにご挨拶にきました(たとえ形式だけだとしても)との報告をすることです。

そして、男性の両親にも、女性からの挨拶は不可欠です。
授かり婚というと、男性の責任が大きくなってしまうのは当然ですが、女性にも非があります。
自分の両親にも謝るのは当然ですが、男性の両親にはきちんと挨拶をして承認してもらうことです。

ここまでの承認で、では結婚ということになると、挙式は授かり婚にするか、しないか、産後に考えるかになります。
そこで、授かり婚となった場合、結婚式場を選びできれば、お腹の目立ちがない段階での早い結婚式が望ましいです。

招待客などに対しては、授かり婚だからいう特別な挨拶は不要ですが、大切な招待客に対しては、挙式前にきちんとお話をするのが礼儀です。
友達に関しては、自分たちの言葉で好きな伝えるべきですが、相手によって、言葉を選ぶ事は大切なことです。

そして、新郎新婦は両親に対しては必ず感謝の言葉を授かり婚内に入れることです。
ウェディングドレスに身を包んだ姿、その中に宿している小さな生命、それはそれで神聖なものですが、本来は無垢な娘を嫁がせたいというのが、新婦の願いなのです。

妊娠と言うおめでた報告は、授かり婚の場合は、幸せポイントになりますが、両親にとってみれば複雑な心ですから、新郎も新婦もきちんとこの心は汲み取った挨拶は必要で、それを授かり婚の結びとすると、ウェディングのエンディングとしては最高に盛り上がります。


授かり婚ウエディング