授かり婚 ウエディング 準備

授かり婚ウエディング

授かり婚だからこそ気をつけたいこと

授かり婚だからこそ気をつけたいこと

 

授かり婚だから注意したい準備はいつくかあります。
準備期間はできるだけ短期間が良いでしょう。
その理由の一つにドレスがあります。

 

妊娠中期に入ると、確かに安定しますが、お腹の大きさもどんどんとましてきます。
たいてい妊娠初期に妊娠が判明しますが、その後数ヶ月の準備で、当日を迎えるようにしましょう。

 

 

プランナーとの話合いで、いろいろな企画が出ますが、できることとできないことをはっきりとさせましょう。
また、絶対にしたいことは、妊娠していることで可能かどうかの判断を行ってください。
結婚式は多分一生に一度しかないことです。
絶対にやってみたかったことがある方は、やらないなと一生悔いが残ることもあります。
それが妊娠していることが原因であれば、悔しい思いをします。
ですから、可能なら少し無理ができるのなら、行う方向で考えてください。

 

会場選びも慎重に行いましょう。
長い階段、高層ビル(体調に合わない場合あり)など、妊婦に不向きな会場にしない方が良いでしょう。
授かり婚と言った時に結婚式場の工夫があれば、全て行ってもらいましょう。

 

ドレス選びは、種類が豊富なところが良いです。
マタニティ用を用意している場合もありますが、豊富なデザインから選びたいものです。

 

何かと準備は大変ですが、あまりコミコミのスケジュールにしないこと、当日はどうしても忙しいですから、それまでに体に負担をかけないことなどが大切なことです。

授かり婚ウエディング